多趣味なシナの備忘録

多趣味なシナの備忘録

中途半端に趣味を増やすシナのちょっと役立ちそうで役立たないブログ

iphoneの液晶の縦線は直せるの!?画面のタッチが効かない時は!?

画面に斜線が入ってタッチが効かない・・・

 

f:id:yugiprice:20180702145338p:plain

 

iphoneの液晶に縦線のラインが入った・タッチが効かなくなった時の対処法をご紹介します。

 

この状態に陥りやすい現象は、スマホを落としてしまった影響で起こりやすい症状です。

 

被害の少ない場合は、ガラス面だけが破損していることが多いのですが、

 

液晶に縦線が入ったり、タッチが効かない状態は

 

液晶が破損してしまったケースがほとんどです

 

では、この場合どうすれば画面が直るのかご紹介したいと思います。

 

液晶破損した画面を直す方法は!?

 

結論を先に申し上げますと、

 

修理をせずに直す方法はありません。

 

iphoneの画面を直す方法は2つあります。

 

①アップルの正規修理サポートを受け、本体修理をする

 

地域によって、正規修理の出来る店舗がございます。

下記サイトにてご確認頂けます↓↓

 

iPhone の修理 - Apple サポート 公式サイト

 

画面のタッチが効かなかったり、液晶表示に不具合が出ている状態だと

 

画面交換のみの対応ではなく本体修理になる可能性が高いです。

Apple Care+の保険プランを適用されている方は比較的安価に修理することができます。

 

画面に縦線が入っている状態だと、タッチが効かない場合が多いので、バックアップを取っていない状態で本体修理をすると、データが初期化されて本体が戻ってきます。

 

また、バックアップを取っている状態でも、LINEやゲームの引き継ぎが出来ない場合があるので、

 

「バックアップを取ったからデータは大丈夫・・・」

 

ということではありません。

 

アップルの正規修理に持ち込まれる際は、データ部分があまり重要でない方はオススメ出来ますが、データが絶対必要!!という方はオススメ出来ません。

 

②アップル非正規修理店舗で、画面交換修理をする

 

アップルが認定していない修理屋さんって怪しい・・・

 

と思われる方が多いと思いますが、最近では総務省が認可した

 

「登録修理業者制度 」

 

に登録されている非正規修理店舗も多数ございます。

 

下記ページにて登録されている修理業者を確認することが出来ます↓↓

 

総務省|登録修理業者の登録情報の公表

 

非正規修理業者は、タッチが効かない状態でも画面のみ交換するので、修理が出来た場合は、データはそのままの状態です。

 

修理したあとはアップルのサポートの対象外になる可能性と、Apple Care+やキャリア保証に入っている場合は、保証が無効になる可能性があります。

保証に入ってない方や、データが最優先の方はこちらで修理されることをオススメいたします。

 

最後に・・・

 

画面に縦線が入り、タッチが効かない状態だと、携帯として使えなくなってしまうので、とても不便ですよね・・・

画面だけの修理で治ることが多いので、

 

データが欲しい・・・すぐに使いたい方は非正規店のお店で修理するのもありかと思います。

 

それでは・・・